占い初心者にもわかる占術についてお伝えします!

これから占術の1つである「西洋占星術」について解説をしていきます。

もし興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

西洋占星術の行い方

西洋占星術とはアラブ世界や西洋諸国で発達してきた形の占い術です。

一般的な占いの形であり、主に占う対象に影響を及ぼすとされるものの出生時や年月日、また時刻がどの位置にあるかをホロスコープに描き出し、それを解釈していきます。

その位置によってその人の運命や導きを占っていくとされているのです。

実際に英語圏には1万人以上の占星術師がいるともされています。

西洋占星術の歴史

西洋占星術の歴史の起源はバビロニアにあり、そのバビロニアにおいて紀元前2千年紀に天の星々と神々を結びつけられたとされています。

その際に今の考え方とされる天の徴と言う考え方のもと、地上の出来事の前兆を示すと言われる考え方が生まれました。

また現代にも引き継がれているとされている形の星位図を描く占星術においては天文学が発達し、惑星の運行に関する知識が蓄積していった紀元前1千年紀半ば以降になって興ったとされ、現在の形となっていったとされているのです。

西洋占星術では何が占える?

先ほども申し上げた通りに西洋占星術では様々なことが占え、感性や思考、行動の傾向とされる性格から才能、仕事などに付随する適職や天職、恋愛や人間関係などの相性などと言った多岐にわたったものが占えます。

その他コミュニケーションのクセ、恋愛観や結婚観、惹かれやすい人のタイプ、人生の目的など自分自身が気が付かないことなどの占いが行えます。

自分自身の導きを知りたいと言う方は西洋占星術を行うことによってある程度のことが占えるのです。

参考材料→ウィル 電話占い

電話占い初心者のための占い基礎知識
タイトルとURLをコピーしました