日中に活動をするための支援サービス

その地域によって内容は異なっているのですが、日中の活動を支援するためのサービスがいくつかありますからご紹介をしていきたいと思います。

就労移行支援

移行や移行支援と呼ばれることもある支援サービスとなっています。

正社員として働くための技術の取得や知識の取得を行うための訓練をしていくためのサービスとなっています。

担当者と話し合って、どのように働いていくのかを計画していき、少しずつ社会復帰をしていくことになります。

また、終章をすることができたのちも、しばらくの間はその時の環境を見つつ支援をしてもらうことができるようになっています。

勤労継続支援A型

一般的な会社で正社員として働くのは困難でも、他の雇用形態でもいいから働きたいという人や社会復帰のリハビリとして働きたいという人に適した支援サービスとなっているのが、勤労継続支援A型となっています。

事業所と本人が雇用契約をして、仕事に従事するという支援となっています。

そのため、労働基準法に則って、最低賃金を支払ってもらうことができ、なおかつ普通の働くことができると判断されると就職のサポートをしてもらうこともできます。

就労継続支援B型

就労継続支援B型をしてみたものの、長続きをすることが出来なかったり、普通に働くことが難しいという人に適しているのが、就労継続支援B型といわれるものとなっています。

事業所で色々な仕事をすることができるようになっているだけでなく、無理のない程度に働くことが可能になっています。