住まいを確保するための支援サービス

アパートや借家を借りる場合、こちらは入居を希望していても保証人がいないなどといったことが原因で契約を結ぶことができないということもあります。

このような場合に、家主に対して担当者がアドバイスなどをしてくれる支援サービスもあるのです。

住まいの確保をしたいのに、難しいのが実情だという方は、ここで紹介する支援サービスを活用することも検討してみるといいでしょう。

住居入居等支援事業

住まいの紹介をしてくれたり、契約を結ぶときのサポートをしてくれる支援サービスとなっています。

また、生活に必要な関係機関との調節をしてくれたり、地域の支援制度の調整もしてくれます。

ハローワークを利用する

ハローワークの中には、住居・生活支援窓口が設けられています。

現在就労をしていて、生活や住まいのことで悩みがあるときに相談窓口で相談をするといいでしょう。

地域移行支援サービス

現在障害者支援施設に入所していたり、心療内科や精神科で入院をしていて、将来的に退院をして生活をする際に支援をしてもらう必要がある人のサポートをするためのサービスとなっています。

対象者が外出をするときに同行してくれたり、住居の確保をしてくれる、地域移行をするための計画の提案などを行ってくれます。

退院促進支援事業サービスについて

ちゃんと条件を満たせば退院をすることができるという人が対象者となっている支援事業となっています。

自治体の支援センターや保健所、ソーシャルワーカーなどによるチームによって、退院をしても生活をしていくことができるようになるためのサポートをしてくれます。

また、支援センターや保健所などの職員だけではなく、これまでに精神疾患になったことがある方やボランティアの人にサポートをしてもらえる場合間おります。

特定の期間を経過したら、退院促進支援事業サービスの対象からはずれますが、定期的に病院や生活支援センターのスタッフにサポートをしてもらうことが可能となっています。